京都風俗の訛りによる喘ぎ

エッチをする際に、喘ぎ声って付き物かもしれませんが、これは土地柄によっても違うようです。

例えば、山形なら、「きた、きだぁ~」だったり、沖縄ならば、「いい!いいっざ」だったりします。

福岡ならば、「いく!もういくとね!」なんてね。

京都は、「いくどすうぇ」でしょうか。

だから、地方の風俗店を利用するのは、そういった魅力があることも一点にあるのかもしれません。

勿論、そればかりでなく、その土地ならではの、風俗嬢のスタイルが気に入っているという場合もありますが、方言に魅力を感じている人も多いはずです。

喘ぎ声に関しては、他にも、トーンが高い地域と、テンポが遅い地域があり、それが溜まらなく刺激になるのだそうです。

しかし、若い子たちは、方言等の訛りに関して、あまり好きではない子が多いようで、特に東北訛りは、東京では馬鹿にされる恐れがあるので、必然とそれを隠そうとします。

とは言っても、店側としては、その訛りのある言葉に魅力を感じている男性客が多いことを知っているので、何とかその方言を活かそうと、逆にトレーニングをしているお店も多いのです。

上手い方言の喘ぎ声を引き出す方法等、微妙なイントネーションの喘ぎ声の嬢であれば、それは客側の仕込みかもしれませんね。

性感マッサージはこちら⇒京都 出張エステ|京都回春性感マッサージ倶楽部